忍者ブログ

七"薬"零黎 -The owner's blog & "Temporal Lobe"-

趣味を中心に最近のニュースや、短期記憶を司る「側頭葉(Temporal Lobe)」の名の通り、 過去の記憶・愚痴等も取り上げています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

マクロ導入

これまで一眼レフのマクロ撮影はクローズアップレンズに頼っていましたが、一眼レフにも「マクロレンズ」というものがあることに気づき、挑戦しようと思い本日購入して来ました!

EF-S 60mm F2.8 マクロ USM!
キヤノン純正のAPS-C用単焦点マクロレンズで、35mm換算で96mm相当の中望遠。
マクロ以外にポートレート用としても使用可能です。
今回は新品ではなく中古品を購入。美品として販売されていたものを入手しました。

フード装着。望遠なので丸形になります。



本体にスレキズはありませんが、フードにかなりのスレキズがあるためこちらは新しいものに交換予定。
中古品なのでスレキズぐらい仕方のないことですが、かなり使い込んでいたことが分かりますね。

キャップは現在の中央をつまんで開けるタイプではなく、両端をつまんで開ける旧タイプ。
このキャップはかつて所有していたEF70-300mm F4-5.6 IS USM以来。あちらにはCanonロゴの下に「ULTRASONIC」の文字が書かれていたものでした。
ちなみにこのレンズは2005年に登場したもの。ネット上で見ると「ULTRASONIC」文字のあるタイプを所有している方もいらっしゃるので、このレンズは恐らく初期の製品ではないかと思われます。
今現在、このレンズを新品で購入した場合、キャップは中央をつまんで開けるタイプとなっています。


メイン機80Dに装着。
フィルター径が52mmと小さいので、小ぶりな感じに見えます。


サブ機X7iに装着。
ボディが80Dより若干小さめなので、丁度良い位ですね。

今回、マクロレンズ購入に当たり、同じ焦点距離のタムロンSP60mmマクロと更に望遠側のタムロンSP90mmマクロと悩みましたが、タムロンSP60mmマクロ(新品)の値段が上がってしまった為、お手頃価格となっていたキヤノンEF-S60mmマクロ(中古)を選びました。
タムキュー(タムロン90mmマクロ)は非常に写りが良いと聞いているので、今後60mmで物足りなくなった場合はこちらに移行しようかと思います。

撮影試験は後日。

(11/6更新、画像追加)

拍手

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
七語零黎
HP:
性別:
男性

カウンター

忍者ツールズプロフィール

忍者ツールズプロフィールは終了しました

最新コメント

[10/26 レッドライン]
[10/27 京成八広]
[06/03 T.T]
[02/21 レッドライン]
[12/22 レッドライン]

ブログ内検索

バーコード

P R