忍者ブログ

七"薬"零黎 -The owner's blog & "Temporal Lobe"-

趣味を中心に最近のニュースや、短期記憶を司る「側頭葉(Temporal Lobe)」の名の通り、 過去の記憶・愚痴等も取り上げています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

とにかく明るい単焦点レンズ パート2

サブ機α6000用の新しい単焦点レンズを購入して参りました!

E 35mm F1.8 OSSです。
35mm換算で53mm相当(実質52.5mm相当)と標準域のレンズになります。フルサイズ機ですとこの焦点距離は広角域ですが、APS-C機ではレンズの焦点距離に1.5をかけるため、50mm台の標準域になります。
価格は4万円台。E 50mm F1.8 OSSの値段より高い為「撒き餌」にしては高めの価格です。

購入に至った経緯としては、夏の夜にセミの羽化の写真を撮るのですが、
懐中電灯片手にズームレンズ扱うのは大変だと思ったので、単焦点の購入に至りました。
既に所持している50mmだと中望遠のため画角が微妙なので、丁度良い35mmを選定。30mm台のレンズは以前所有していたE 30mm F3.5 Macro以来。

レンズ本体。色はブラック1色のみ。
パンケーキでは無いものの、とてもコンパクトなレンズです。

フードを装着。標準域の単焦点ながら花形フードを採用しています。


手持ちのα6000に取り付け。
シルバーボディーにブラックレンズは違和感を感じますが、E 16-70mm(ツァイス)を取り付けてからはほぼ感じなくなりましたね(笑)
フードを取り付けるとまた良い感じ。コンパクトな標準ズームを積んだミラーレスにも見えなくもありません。

このレンズは、次のような特徴があります。

●安心してください、手ブレ補正ありますよ!
E 35mm F1.8 OSSには30mmマクロになかった手ブレ補正が搭載されており、APS-C用標準域単焦点レンズとしては無二の存在ではないかと思います。
(シグマでもこの焦点距離のレンズはあるが、手ブレ補正は無い)

●とにかく明るいレンズ
開放F値が1.8の為、室内撮影でも明るく撮影出来ます。


最後に現在所有しているα6000用レンズ。
最初はサードパーティのレンズ2本のみでしたが、気付いたらソニー純正に変わっちゃいました(笑)
普段使いのレンズは主に右側のズームレンズを使用し、単焦点はその日の気分によって使用して行きます。

撮影レポートは後日。

拍手

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
七語零黎
HP:
性別:
男性

カウンター

忍者ツールズプロフィール

忍者ツールズプロフィールは終了しました

最新コメント

[10/26 レッドライン]
[10/27 京成八広]
[06/03 T.T]
[02/21 レッドライン]
[12/22 レッドライン]

ブログ内検索

バーコード

P R