忍者ブログ

七"薬"零黎 -The owner's blog & "Temporal Lobe"-

趣味を中心に最近のニュースや、短期記憶を司る「側頭葉(Temporal Lobe)」の名の通り、 過去の記憶・愚痴等も取り上げています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

18-135mm導入

先日、高倍率のタムロン製18-200mmを導入しましたが望遠端でF6.3と絞られるため暗くなるため、少し明るめのレンズを入れたいと思い、奮発してもう1つ導入しちゃいました(爆)

EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STMです。
光学7.5倍の高倍率ズームレンズです!
キヤノンの中・上級者向け一眼(EOS 7DシリーズやEOS 2桁Dシリーズなど)のキットレンズとしても導入されているタイプですので、ご存知の方もいらっしゃるのでは?
それでは箱をオープン!

これが中身。フィルター径が67mmと大型の為、ずんぐりとした印象。
レンズの重さは480g。先日購入したタムロン18-200mmより重くなっています。(タムロン18-200mmは400g)

別売りとなっているフードも購入。広角スタートの為、花型フード(EW-73B)です。
以前所持していた55-250mmのET-63よりかは楽かな?


所持しているX7iに取り付け。いかにも「一眼レフ」と言う感じがしますね。
ダブルズームじゃなくて最初からこれにすれば良かったかな・・・と今更ながら後悔。

EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STMは、所持機種のEOS Kiss X7iでもキットレンズとして採用されていますが、
前半に紹介したEOS 7DシリーズやEOS 2桁Dシリーズ、更にはEOS 8000Dでもキットレンズとして標準で採用されています。
なお、EOS Kissシリーズでこのレンズをキットレンズとして扱っているのはX7iが最後で、後継のX8iにはこのレンズをキットレンズとして扱うことが無くなりました。(ターゲットを主婦などの女性層に合わせているから?)
KissのX2桁シリーズや小さなボディのKiss X7にはこのレンズはキットレンズとして採用していません。

高倍率2本所持になりましたが、今後は気分と被写体次第で18-135mmと18-200mmを使い分けて行こうかなと考えています。
試験撮影の模様は後日。

拍手

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
七語零黎
HP:
性別:
男性

カウンター

忍者ツールズプロフィール

忍者ツールズプロフィールは終了しました

最新コメント

[10/26 レッドライン]
[10/27 京成八広]
[06/03 T.T]
[02/21 レッドライン]
[12/22 レッドライン]

ブログ内検索

バーコード

P R