忍者ブログ

七"薬"零黎 -The owner's blog & "Temporal Lobe"-

趣味を中心に最近のニュースや、短期記憶を司る「側頭葉(Temporal Lobe)」の名の通り、 過去の記憶・愚痴等も取り上げています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

EF-M望遠レンズとでべそ改良化

標準+単焦点のサブ機にも望遠を降臨させるべく、望遠レンズも購入しました!

EF-M 55-200mm F4.5-6.3 IS STMです。
望遠購入にあたり、EF-M 55-200mmかタムロン18-200mm Di Ⅲ VC(B011、高倍率)で悩んでいたのですが、高倍率はEF-S(18-135mm)にあるのと、不具合{※}への考慮を考えEF-M 55-200mmとしました。


こちらがレンズ本体。
望遠の為長い鏡筒になりますが、ミラーレス用に合わせコンパクトになりました。
標準・単焦点のマウントは金属ですが、こちらはEF-S 10-18mm・18-55mm・55-250mmと同じプラスチックとなっており重量が260gと軽くなっています。
下はフード(ET-54B)を装着したもの。


実際に装着。EOS Mシリーズに合わせた望遠レンズなのでしっくり来ますね。
望遠レンズと言うよりもEF-S 18-55mmを取り付けているような感じにも見えます。


そしてフードを取り付けたもの。やっぱりこれじゃないとね。

EF-Mの望遠レンズは望遠端が200mmとなる為、EF-S 55-250mmから比べると短くなっており、さらに絞り開放値(F値)が4.5-6.3と暗いものとなっています(EF-S 55-250mmはF4-5.6)。


続いて単焦点のフードに関して。
レンズフィルター+対応フードEW-43装着によりまるで「でべそ」のような感じになっていたEF-M 22mmですが・・・

エツミ ラバーフードⅡ 43mmを購入し取り付けることにしました。

そして取り付けてみました。おぉ!!意外としっくり来るじゃないですか!

横向きではこんな感じに。
前玉の動作と使用状況を考慮し、レンズ→ラバーフード→フィルターの順で取り付けています。

使わない時はこのようにたたむことが可能。このレンズはスイッチONで前玉が繰り出すので、置いた場合で起動する時は前を少し浮かさないといけません。
(一脚・三脚使用や手持ちの場合は特に問題ありません)

さて、これで終わりではありません。
フードを取り付けた時に行うこと。それは「ケラレ」の問題。これをクリアしないとフードを購入した意味がありません。
と言うわけで実際に撮影してみました。

無事、ケラレもなく撮影出来ました!
35mm版カメラで50mmまで対応可能なフードなので、22mm(35mm換算:35mm)のレンズだったらどうなるだろうかと思っていましたが、何事もなく撮影可能でしたので安心しています。
ただ、このレンズよりも広角だとケラレが発生しそうです。

今後単焦点はこのフードで行こうと思っているので、「でべそ」の問題はこれにて一件落着。
あとはラバーフードがどこまで耐えられるかが気になるところですね。

※タムロン18-200mm Di Ⅲ VC(B011)とEOS M3との組み合わせで不具合が発生していたが、現在はプログラム修正により対応可となった。
M3対応不可となったレンズについては現在、市販には出回っていないものと思われる。
中古の製品はM3に対応していない場合もあるので要注意。

拍手

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
七語零黎
HP:
性別:
男性

カウンター

忍者ツールズプロフィール

忍者ツールズプロフィールは終了しました

最新コメント

[10/26 レッドライン]
[10/27 京成八広]
[06/03 T.T]
[02/21 レッドライン]
[12/22 レッドライン]

ブログ内検索

バーコード

P R