忍者ブログ

七"薬"零黎 -The owner's blog & "Temporal Lobe"-

趣味を中心に最近のニュースや、短期記憶を司る「側頭葉(Temporal Lobe)」の名の通り、 過去の記憶・愚痴等も取り上げています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

新・メイン機降臨!

夏のボーナスが支給されたため、折角だからカメラも一新しちゃおう!と言うことで奮発して購入して来ました。


EOS Kiss X7iのダブルズームキットです。
今回はこれにレンズフードやフィルター、クリーニングキットなどもついたセット販売。9万5000円程度で購入。
今現在は後継機のX8iが登場しているため、2013年製のX7iは既に型落ち品。なのでこの金額で購入出来ました。
登場当初であればダブルズームキット単体で11万近くだった為、このセット購入となると15万近く掛かっていたことでしょう。

中身はご覧の通り。レンズは標準レンズのEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMと望遠レンズのEF-S55-250mm F4-5.6 IS STMの2つ。
35mm換算だと29mm~400mm程度になり、光学ズームで約13.8倍ぐらいになります。
一眼レフはレンズ交換式のため、コンパクトデジカメのような「光学*倍」の概念が無く、焦点距離によって広角・標準・望遠・超望遠が決まります。

標準レンズのEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMを取り付けた時のもの。
何となく以前のメイン機HS10っぽい感じですね。(HS10よりズームは利きませんが)
HS50EXRぐらいあるかな?

望遠レンズのEF-S55-250mm F4-5.6 IS STMを取り付けた時のもの。
フードがかなり良かったのでフードも装着。大型ですがこれなら鉄道写真にも重宝しそうです。

今回初めての一眼レフですが、今までマニュアルズームのコンデジを使っていた関係から、操作性について違和感は感じませんでした。
コンデジから一眼レフに切り替わる際の難点としては、レンズ交換とマニュアルズームがメインになりますが、ここさえクリアすればあとはどうってことありません。
とりあえず色々と操作してみて慣れることが大切なのです。

今までシャッタースピード優先などのモードを利用して来たので、ここまで来たからにはマニュアルモードで撮影してみたいですね。

今回の機材導入で、メイン機はこのX7i、サブは今までメイン機で使用していたHS10に変更し、
サブ機に使用していたF770EXRを手放すことにしました。
やはりオートズームが癪に障ることと、シャッタースピード優先でもISOがオート設定になってしまうことに難点がありました。
このサイズでRAW記録出来る点はすごく良かったなと思いますね。
2012年8月に初のサブ機として購入したもので、実働3年と短かったですがお疲れ様でした!

新メイン機の試し撮りについてはまた後日。

拍手

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
七語零黎
HP:
性別:
男性

カウンター

忍者ツールズプロフィール

忍者ツールズプロフィールは終了しました

最新コメント

[10/26 レッドライン]
[10/27 京成八広]
[06/03 T.T]
[02/21 レッドライン]
[12/22 レッドライン]

ブログ内検索

バーコード

P R