忍者ブログ

七"薬"零黎 -The owner's blog & "Temporal Lobe"-

趣味を中心に最近のニュースや、短期記憶を司る「側頭葉(Temporal Lobe)」の名の通り、 過去の記憶・愚痴等も取り上げています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

【撮影試験】EF 70-300mm F4-5.6L IS USM

昨日、新望遠レンズの撮影試験を兼ねて西武新宿線へ行って参りました!

この日一番いい出来だった20000系急行。

人生初のLレンズですが、最初撮影した後の時に驚いたのがカリッとしたシャープな写りになっていたこと。
キヤノンのキットレンズでも絞りを高くすればシャープになるのですが、流石お高いレンズだけあります。

先頭側を少しアップ。カリッとした写りになっているのがわかりますでしょうか?

今回のレンズでプラスになる点は以下の通り。

・解像度が高い
絞り開放でもピントの合っている箇所はシャープ。コントラストもバッチリ

・重さを感じない
レンズ自体は1kgと重いけども、カメラに取り付けて持ってみるとそこまで重さは無かった

・AFが高速
EF 70-300mm F4-5.6 IS USMの様な前玉フォーカスではなくインナーフォーカスの為、ピントの合焦が速い
また、フルタイムマニュアルフォーカスも可能

・強力な手ブレ補正
タムロンの70-300mmまでは及ばないが、手ブレ補正は強い

マイナス点としては、

・値段が高い
初心者には手の出せないレベル。カメラ本体よりも高いLレンズだから仕方ない

・本体が大きく重い
男性の手だったらOKかも知れないが、女性の手だと厳しいかな・・・。
70-300mmのレンズにしては大きいので何処かのレビューに合った「馬鹿げている」感じはする。
また、今回撮影に使用したボディはEOS 80Dと大柄のものであるが、フルサイズ機やAPS-Cの中級機のボディであれば特に何ら支障は無い。
しかし、小柄なEOS Kiss X7やEOS Mシリーズにこれを付けるとかなり大きく見える上に、ボディが負けてしまう。EOS Kissシリーズにこれを付けるのであればX8iの様な大柄のボディをおススメする

300mmレンズはこれまでEF 70-300mm F4-5.6 IS USM→18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM→SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD→28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZDと変えて来ましたが、今回のEF 70-300mm F4-5.6L IS USMが群を抜いたレンズだと思いましたね。
18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMも写りはバッチリでしたが、手ブレ補正が弱かったのが残念な点だったので、手ブレ補正が強ければこれに匹敵するぐらいだったんですが・・・。

EF 70-300mm F4-5.6L IS USMは今まで使って来たレンズの中では、17-50mm F2.8 EX DC OS HSMとほぼ同じぐらい良いレンズです。
ただ、これを入れてしまうとどうしても標準のLレンズ(EF 24-105mm F4Lなど)も欲しくなってしまう・・・でも高いからそこは我慢。
何せAFの早いナノUSMのEF-S 18-135mmがあるからね。これだけは絶対に離せないな。

拍手

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
七語零黎
HP:
性別:
男性

カウンター

忍者ツールズプロフィール

忍者ツールズプロフィールは終了しました

最新コメント

[10/26 レッドライン]
[10/27 京成八広]
[06/03 T.T]
[02/21 レッドライン]
[12/22 レッドライン]

ブログ内検索

バーコード

P R